バストアップで憧れの美バスト

誰でも簡単にできるバストアップ方法を伝授したいと思います。貧乳から脱出したいと思いませんか?

2016年4月9日
から master
0件のコメント

巨乳と貧乳のメリット・デメリット

はじめに、これは巨乳でも貧乳でもない、平均乳の女が、中立の立場からとっても個人的な考えと偏見を以って「巨乳と貧乳のメリット・デメリット」について書いた記事であります。ご了承ください。
私の母はテレビで巨乳タレントやグラビアアイドルを見かけるたびに、「巨乳の女って馬鹿にみえん?」と言いたくなるらしい。
まずこの母の発言自体完全に偏見ですし、皆が皆そうじゃないことは当然ですが、確かに抜群のプロポーションを売りにテレビや雑誌に出ている女性は、メディアに出るとき同時に「かわいらしさ、もといおバカっぽさ」をアピールする人が多いように思います。女性が、それもおっぱいがふくよかな女性が抜けた発言をしていたりおバカなことを言っていると、なんだかキャラクターがかわいく見えるし、どうも男性受けがいいですよね。
でも…もし(!)わたしが巨乳だとして、「巨乳だからおバカなのかな?」なんて目で見られるとするとそれは不快以外のなんでもない!ですので、見方はいろいろですがきっと偏見であろうと「おバカに見える」と言うのは巨乳であるデメリットなのだろうと思います。
それに対して貧乳は…と、「おバカに見えるかどうか」という論点で比較して語ろうと思ったけれど…考えてみると、そもそも貧乳を売りにメディアに出ている女性タレントってまったく思いつきません。貧乳と言うのが、そもそも一般的に売りにしづらい(もちろん一部に需要があることを思慮しても)と言うところですでに、巨乳よりも貧乳であるほうがデメリットは多く、大きいのかもしれません。
決して貧乳だからというのでおバカに見えることはありませんが、かといって賢く見えるということもない気がするし、これといったメリットが正直浮かばないですね(貧乳の方本当にすみません)。巨乳の方は、肩がこるや視線が気になる、服を選べないなどの悩みはあるそうですが、「多くの一般嗜好男性を釣れる」という点で誰にでも使える巨乳の特権がありますが、貧乳に関しては男装するのが好きな方とか、いつまでも幼児体型でいたい方とか、一部の趣味の方にしか、貧乳はポジティブ変換しづらいような。ただ…好きな人はそれはそれは、たまらなく好きなんでしょうね。
そもそも、貧乳の人が「巨乳になりたい」というのはよくわかりますが、巨乳の人が「貧乳になりたい」と言う声は聞いたことがないような。聞いていても、疑いたくなりますよね。
女性でいる限り、たいていの人は「女性らしさ」や「男性の目を惹く魅力」が欲しいと思うでしょう。おっぱいは魅力です。
その観点で言えば、やはりバカに見えようと、どんなデメリットがあろうと、おっぱいが大きいのは勝ち組のように思えずにはいられません。(私が巨乳でないからこそ、思うのでしょうか…)